博多餃子 游心

中力粉を伸ばした皮で具材たっぷりの餡を包み、特注の鉄鍋で焼き上げる。表面はカリッ、中はモッチリ。「博多餃子」(410円・7個)。
博多区住吉2-7-7ラ・コンチェルト1階
☎092-282-3553
□営 17:00〜24:00
□休不定

肴や だんじ

店長自ら長浜と姪浜の魚市場で買い付ける天然ものの鮮魚、九州の郷土料理、福岡や佐賀を中心とした九州の地酒が三本柱。鹿児島の恵比寿サバを使った「ごまさば」(1382円)に加え、1人前1000円(注文は2人前より)という価格ながら9点盛りと太っ腹な「刺し盛り」が狙い目だ。
博多区博多駅前2-11-22
☎092-292-9073
□営 17:00~OS24:00(日曜はOS23:00)
□休なし

長浜ナンバーワン 祇園店

行列のできる屋台として有名だった「ナンバーワン」の味が祇園町で楽しめる。白く濁った豚骨スープは明快なコクと旨味があり、口当たり柔らか。細麺との相性も抜群だ。これぞ豚骨、と呼べる長年愛されてきた味に出会える。「煮玉子ラーメン」(650円)。
博多区祇園町4-64
☎092-263-0423
□営 11:30~24:00(金・土曜、祝前日は~翌2:00、日曜は~22:00)
□休なし

天下の焼鳥 信秀本店

博多でお馴染みのキャベツの酢ダレ発祥の地で、串物は約50種類。備長炭で余分な脂を落としながら焼き、塩は沖縄の天然塩を使用している。
博多区下川端町8-8
☎092-281-4340
□営 16:30〜OS23:30
□休月曜

稲穂と一慶

炙りもつ鍋が名物の「もつ鍋 一慶」と、人気うどん居酒屋の姉妹店「唄う稲穂」のいいとこ取りの店。もつ鍋は「炙り」に加えて、「和牛の生モツ」(写真はしょうゆ味・1人前1080円)も選べる。〆にはコシのある手打ち麺が堪能できるうどんが「ごぼう天」など450円からラインナップ。
博多区上川端町14-6
☎092-710-5535
□営 16:00~OS翌1:30
□休不定

博多すし割烹 鮨隆

玄海など近海でとれる新鮮な魚介を、巧みの技で素材の旨味を余すことなく存分に。昼は1080円からの多彩な寿司ランチ。夜は四季を感じる一品や、とっておきの握りをゆっくりと。写真は贅を極めた「おまかせにぎり」(5400円〜)。
博多区住吉1-1-9
☎092-281-2460
□営 11:30〜14:00/17:00〜OS22:00(土日祝日はOS21:30)
□休不定

目利きのたか志

割烹や寿司店、大阪のミシュラン星付きの居酒屋でも経験を積んだ店主の丁寧な仕事が窺えるメニューはどれも居酒屋価格。蔵元を巡り選んだ約30種の日本酒とともに。
博多区店屋町2-30
☎092-409-3178
□営 17:00〜OS24:30
□休日祝日

吉塚うなぎ屋

全国に多くのファンを持つ「140年以上蒲焼き一筋」の名店。うなぎの旨味を最大限に引き出す独自の焼きの技術と、代々受け継がれてきた秘伝のタレが香ばしくふっくらとした味わいを生んでいる。
うな丼は1598円から、うな重は2581円から、うなぎづくしの会席は5724円から。
博多区中洲2-8-27
☎092-271-0700
□営 11:00〜OS20:30
□休水曜

UOKING

豪快焼き魚やアゴだしおでん、創作天ぷらなど、旬にこだわったメニューがずらり。ランチにはマグロのカマ焼きなど、ごはんに合う一品もご用意。
博多区住吉1-2-82キャナルシティ博多 グランドビル地下1階
☎092-710-6622
□営 11:00〜OS22:00
□休なし

とり田 博多本店

郷土料理・水炊き。この店では鷄ガラではなく、丸鷄一羽から丁寧にとったスープが自慢だ。ジューシーな身を博多ネギと一緒にいただくのも「とり田」流。つくねや野菜を投じれば変わっていくスープの味わいを楽しもう。スタッフが食べ頃を見計らって取り分けてくれる。「水炊き」1人前2800円から。
博多区下川端町10-5
☎092-272-0920
□営 11:30〜OS21:30
□休不定

ステーキ&ワインスタイル ぶどうの樹

福岡県産の野菜などこだわりの食材に加え、自慢の鉄板ステーキを世界各地のワインと楽しめるレストラン。ランチは鉄板ステーキ&サラダ・サイドメニュービュッフェが人気で、ディナーにはタパスやグリル料理も満載。昼も夜もおすすめ尽くし!
博多区博多駅中央街1-1 JR博多シティ シティダイニングくうてん 10階
☎092-409-6900
□営 11:00~OS15:00/17:30〜OS23:00(土日祝日はOS22:00)
□休なし

博多奥堂

猪やエゾ鹿、鴨料理を味わえる鍋割烹。肉のうま味を最大限にいかすスープとの組み合わせで作り上げられた極上の味わい。「鴨しゃぶコース」(4500円)、「若鶏鍋コース」(2000円)。
博多区御供所町5-29
☎092-291-6511
□営 17:00〜OS23:00
□休日祝日

めしや漠

店主が「肉のようにかぶりつける魚料理を作りたい」と考案したのが、エビとホタテ、エソのすり身を揚げた名物「海鮮メンチカツ」(500円)。イクラとカニ、タルタルソースがかかった贅沢な一品 だ。メンチカツに前菜3点、刺し盛りが付くセット(1800円)が好評。
博多区上呉服町11-15
☎092-262-1169
□営 18:00~OS翌1:00(日曜はOS23:00
□休なし※月に1回程度不定休あり

古式生そば ひさや

1946年創業の老舗そば店。白みを帯びたそばはつるりとした口当たりの良さが信条だ。後を引く上品なツユにくぐらせて堪能したい。「天ざる」(1350円)。
博多区店屋町5-11
☎092-281-1263
□営 11:00~18:30
□休日曜

博多の麺はラーメンだけじゃない
実はうどんも旨いんです

博多のうどん

承天寺にある「饂飩蕎麦発祥之地」という石碑が物語るように、博多からうどん文化が全国に広まったという説がある。博多の麺といえばラーメンのイメージが強いが、優しい味わいのお出汁が染み渡る美味しいうどんも是非召し上がれ。博多の麺ライター厳選の4軒をここにご紹介!

かろのうろん

明治15年に創業した福岡最古のうどん店。その屋号は博多訛りで「角(かど)のうどん」を意味し、今もその名の通り、国体道路沿いの角に佇んでいる。老舗ながら、その味わいは歴史とともに進化。現在は麺が茹でおきから茹でたてに。やわらかく、それでいてしなやかなコシがある麺を伝統のつゆとともに堪能しよう。
博多区上川端町2-1
☎092-291-6465
□営 11:00~19:00頃
※売切れ次第終了 □休火曜(祝日の場合は翌日)

大地のうどん 博多駅ちかてん

北九州から福岡県下、今や関東まで展開する人気うどん一派「豊前裏打会」。福岡市内にその名を知らしめた立役者が「大地のうどん」だ。ウリは「打ちたて」「切りたて」「湯でたて」の麺。直径20cmオーバーという巨大かき揚げも評判。
博多区博多駅前2-1-1朝日ビル地下2階
☎092-481-1644
□営 11:00~16:00/17:00〜21:00
□休なし

みやけうどん

創業は1954年。福岡きっての老舗うどん店で、太くて、やわらかな麺が代名詞だ。麺は昔ながらの茹でおきタイプ。注文が入ると麺を温め、あっという間にうどんが提供される。待つのが嫌いな生粋の博多っ子も納得の早さと味わいは今も健在だ。
博多区上呉服町10-24
☎092-291-3453
□営 11:00~18:00(土曜は〜17:00)
□休日祝日

えびすやうどん

全国のうどん店が集まるイベントで2位に輝くなど、その実力は県内外に知れ渡る。名物「カルビぶっかけ」は、和牛を織り交ぜたカルビを提供直前に炙って仕上げた香り高い一杯。福岡県産小麦使用の平たい自家製麺が肉汁したたるカルビ肉によく絡む。
博多区住吉2-16-8
☎092-262-1165
□営 11:30~18:00
□休水曜